ロジカルシンキングとは?鍛え方や基本の手法を紹介

タスク管理ツール

ロジカルシンキングとは論理的思考と訳される考え方で、ビジネスにおいては課題解決に役立つスキルとして注目されています。

今回は、ロジカルシンキングとはどのような思考なのか、また、身につけるための鍛え方や手法を紹介します。

ロジカルシンキングとは?

ロジカルシンキングとは、ロジカル(Logical)とシンキング(Thinking)が合わさった言葉です。ロジカル(Logical)は「論理的な」、シンキング(Thinking)は「思考」「考え」という意味があり、ロジカルシンキングは論理的思考と訳されます。

具体的には情報や物事を論理的に整理し、筋道を立てて考える能力を指します。課題や問題に対して、情報を体系的に整理し、矛盾なく論理的に結論を導き出していく思考法です。

ロジカルシンキングという言葉は、日本のビジネスシーンから生まれた言葉で、英語圏の言葉というよりは、コンサルティングなどの業界用語という位置付けになります。2001年に出版された『ロジカル・シンキング 論理的な思考と構成のスキル』(照屋華子・岡田恵子)により、日本でブームとなりました。

ロジカル・シンキング
created by Rinker

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングの違い

ロジカルシンキングと似た思考法に「クリティカルシンキング」があります。
クリティカルシンキングは、クリティカル(Critical)=批判的な、シンキング(Thinking)=思考という意味で、批判的思考と訳されます。

批判的という言葉からネガティブな印象を受けるかもしれませんが、決して何かに対して批判をするものではありません。物事を考える際の情報や結論までの道筋が「本当に正しいのか」と問いかけ、検証をしながら見極めていく考え方です。

ロジカルシンキングで導き出した結論を、クリティカルシンキングで検証することにより、矛盾点などが見出され、ブラッシュアップされます。

ロジカルシンキングとラテラルシンキングの違い

ラテラルシンキング(Lateral thinking)は水平思考と訳されます。
常識や固定観念などにとらわれることなく、自由な発想で、水平方向に考えを広げていく思考法です。ラテラルシンキングにより、柔軟な発想や新しい視点からの思考が生まれます。

ロジカルシンキングにより導き出される結論や考えは1つですが、ラテラルシンキングでは多角的な視点や柔軟な発想から、多くのアイディアや解決方法が生まれる可能性があります。

ロジカルシンキングはなぜ重要?

ロジカルシンキングを身につけると、論理的に考える癖がつき、客観的に物事を捉えられるようになります。それにより以下のような能力が身につくので、ビジネスパーソンにとって重要なスキルと言えるでしょう。

・分析力
・問題解決能力
・提案力
・コミュニケーション能力

分析力が向上することで問題点や懸念点が明らかになり、問題を解決する能力が高まります。また、事実に基づいて客観的・合理的に説明ができるようになり、提案力も高まるでしょう。意見や結論を正確に説明ができるため、説得力のあるプレゼンが可能になります。

説得力のある提案をすると相手から理解が得られやすくなり、また、相手の意見も理解できるようになるので、コミュニケーション能力も向上します。

このように、ロジカルシンキングはビジネスを円滑に進めるために、欠くことのできないスキルです。

ロジカルシンキングでよく使われる3つの手法

ここからは具体的にロジカルシンキングで使われる手法を3つ解説します。

帰納法

帰納法は、色々な事例や事実から共通点を導き出し、傾向をまとめて結論を出す論理方法です。多くの事例を検証することで、問題の本質が露見しやすくなり、説得力が得られます。

例えば、

「今年の日本の夏は、昨年より気温が高かった」
「ヨーロッパでも気温が高く、熱波が起きた」
「アメリカでも例年より気温が高かった」
これらの事実から、地球温暖化が進行しているという結論を導き出すことができます。

帰納法で気をつけたいのは、検証する事例に偏りが生じないようにすることです。そのためにも、多角的に多くの事例を収集することが求められます。

演繹法

演繹法は一般論に基づいて結論を導き出す手法で、「三段論法」とも呼ばれています。

「AはBである」
「BはCである」
「ゆえにAはCである」
という考え方で結論を導きます。

演繹法は、前提となる一般論が正しくなければ成り立ちません。前提となる論理に偏見や主観が入ってしまうと、誤った方向へ結論が流れてしまうので注意が必要です。裏を返せば、前提となる論理が正しければ、導き出された結論も正しいと言えます。

弁証法

弁証法は、肯定される事象について、それとは反する否定的な案を提示することで、解決に導く統合案を策定する論理方法です。

例えば、
「肯定:仕事終わりに同僚とビールを飲みに行きたい」
「否定:駅からは車で帰るのでアルコールは摂取できない」
「統合:ノンアルコールのビールを飲もう」
というように、肯定案の考えと、それに対抗する否定案の考えを踏まえ、統合案を導き出します。

ロジカルシンキングで代表的なフレームワーク

ロジカルシンキングには、代表的なフレームワークがあります。ここではその中から3つ紹介します。

MECE(ミーシー)

MECE(ミーシー)は、Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveを略した言葉です。

「Mutually:お互いに」
「Exclusive:重複せず」
「Collectively:全体に」
「Exhaustive:もれがない」

それぞれの単語は上記のような意味を持ち、直訳すると「お互いに重複せずに、全体にもれがなく」となりますが、日本語としては「もれなく、重複なく」と訳されます。

物事や問題を考えていく過程において、1つの要素のみで考えるともれが生じてしまいます。そこで多角的な要素を分類して検証しますが、その際に重複がないようにすることも求められるため、MECEの考え方が必要となります。


MECEの考え方を図式化すると上図のようになります。右下の図が、もれもなくダブりもないMECEの考えに則った図式となります。

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーとは、結論を頂点におき、その根拠となる複数の論理を下部に並べて整理するフレームワークです。図のようにピラミッド型になることから、ピラミッドストラクチャーと呼ばれます。

ピラミッドストラクチャーは前章の3つの手法の「帰納法」を用いる時に適しています。

プレゼンなどで導いた結論を説明する際に、ピラミッドストラクチャーを用いて、頂点にある結論から説明を始め、順に下に移っていくと、根拠がわかりやすく伝えられます。

ロジックツリー

ロジックツリーとは、課題や問題を左側に記し、ツリー状に分解していくフレームワークです。課題や要素ごとに分解していき、枝分かれをしながら整理していきます。


ロジックツリーには、主に以下の3つのタイプがあり、目的に応じてタイプを選択して作成をします。

・要素分解ツリー:問題や課題を「全体」として捉えて、その後「要素」に分解
・原因究明ツリー:発生した問題の原因を究明
・問題解決ツリー:問題や課題の解決策の洗い出し

ロジカルシンキングの鍛え方

ロジカルシンキングを鍛えるには、これまで解説した手法やフレームワークに加えて、これから解説する4つを意識することが大切です。

曖昧な言葉を使わない

論理的思考を身につけるためには、日頃の会話において曖昧な言葉を使わないように心がけます。何かを説明する時には、抽象的な表現は避けて、できるだけ具体的に話します。

例えば、友人との待ち合わせに遅れる連絡をする時に、

「ちょっと遅れそう」
という抽象的な表現ではなく、
「今〇〇に着いたところなので、10分くらい遅れる」

というように具体的に伝えます。

抽象的な表現では、自分が伝えたいことと、相手の受け取り方に齟齬が生じることもあります。正確に理解してもらうためにも、具体的な言葉を使用しましょう。

クリティカルシンキングを取り入れ思考の癖に気付く

クリティカルシンキングを取り入れて、自分の思考や自分が発した言葉に批判的な問いかけをすると、自分の思考を客観的に見る力が鍛えられます。それにより、自分の思考の癖に気付くことができます。

ロジカルシンキングを鍛えるために、自分の思考の癖に気付くことは重要です。
自分の思考の癖に気付き、省みることで、思考の癖の改善につなげていきましょう。

クリティカルシンキングを取り入れて、思考の癖を改善することで、物事を主観や先入観に惑わされることなく見る力が養われるでしょう。

問いを分解し背景を確認する

ロジカルシンキングを鍛えるためには、問い(課題や問題)を的確に捉えることが求められます。常に問いを捉えておくことは、論理的に仕事を進めるうえで重要です。

問いを捉えるコツは、問いを分解して、問いの背景を理解することです。

例えば、「ユーザーの満足度をあげる」という問いの場合、満足度は「価格」や「品質」「アフターサービス」などに分解をして考えます。

そして、「ユーザーの満足度をあげる」という問いが与えられたのは、「売り上げが低下しているから」、「さらにサービス展開を考えているから」など、どのような背景なのかを確認します。背景によっては、提示する戦略が180度変わる場合もあり、考える方向性が違ってきてしまうので注意が必要です。

主張に根拠をつける習慣を身につける

ロジカルシンキングにより導き出した主張(結論)には、主張に至るまでの過程が根拠となり、相手への説得力が増します。

日頃から自分の主張に根拠をつける習慣を身につけるように心がけることで、ロジカルシンキングが鍛えられます。ここまで解説した手法やフレームワークを駆使して、身につけていきましょう。

まとめ

ロジカルシンキングを身につけると、営業やプレゼンなどでの説得力が増したり、コミュニケーション能力の向上が期待できたり、あらゆるビジネスシーンで活用できるスキルと言っても過言ではないでしょう。

ぜひ本稿を参考に身につけて、ロジカルシンキングを実践していきましょう。

この記事を書いた人

タスク管理ツール.com編集部

この記事は、タスク管理ツールの専門メディア「タスク管理ツール.com」の編集部が執筆しました。

タスク管理ツール
タスク管理ツール.com