Trello(トレロ)を登録・インストールする方法。アカウント登録後の設定も解説

タスク管理ツール

タスク管理ツールとして、大変人気が高いTrello(トレロ)。

これからTrello(トレロ)を使ってみたいけど、アカウントを作ったり、導入するのが難しいのでは、と躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

Trello(トレロ)は、アカウント作成がとても簡単です。

そして、Googleアカウントのお持ちの方なら、新規にアカウントを作成しなくても、すぐに始められます。

初めての方でも、簡単にTrello(トレロ)でタスク管理をスタートできるのです。

今回は、インストールから設定方法まで、Trello(トレロ)を始める手順についてご紹介します。

Trello(トレロ)とは?

Trellotとは

Trello(トレロ)は、まるでボードにフセンを貼ってタスクを管理していくようなイメージで、直観的に操作ができる、タスク管理ツールです。

ボードはいくらでも増やせるので、仕事のプロジェクトにも、プライベートのタスクにも、オールマイティに対応します。

HTML版、アプリ版、モバイル版があり、様々なデバイスに対応しています。

Trello(トレロ)の機能について知りたい方は、まずはこちらの記事をご覧ください。

https://xn--pcktarw9qud7338c9ym.com/?p=1034

Trello(トレロ)をインストールする方法

Trello(トレロ)は、様々なデバイスに対応しており、大きく分類すると3種類に分かれます。

  • HTML版
  • Webアプリ版
  • モバイル版

それぞれの特徴とインストール方法について、解説します。

HTML版

HTML版画面

HTML版のTrello(トレロ)は、以下の最新ブラウザで利用可能です。

  •  Chrome
  •  Firefox
  •  Edge
  •  Safari

自分が普段使っているブラウザでTrello(トレロ)を開くことができるので、とても便利です。

また、アプリ版と違って、ダウンロードのやインストールの必要がなく、ログインしてすぐに始められるのが特徴です。

Webアプリ版

Webアプリ版画面

Webアプリは、以下の2種類が用意されています。

  •  MAC
  •  Windows

アプリ版では、Trello(トレロ)の専用ウィンドウが開くので、HTML版のようにタブがいっぱいで見失う、なんてことが無くなります。

また、独自のショートカットキーが使えるので、作業する際にとても役に立ちます。

ショートカットキーについて、詳しく知りたい方は公式HPをご確認ください。

https://blog.trello.com/ja/trello-desktop-app-for-mac-and-windows

 

MacはAppstore、WindowsはMicrosoftstoreからそれぞれダウンロードできます。

ダウンロードしたら、自動的にインストールされますので、インストールが完了したら起動するだけです。

モバイル版

モバイル版画面

モバイル版は以下の2種類があります。

  •  iOS
  •  Android

iOSはAppstore、AndroidはGoogle Playで入手可能です。

ダウンロードしたら自動的にインストールが始まります。

アプリを開いたら、まずはアカウント登録してログインしましょう。

Trello(トレロ)でアカウント登録

Trello(トレロ)のログイン方法は2つあります。

  • アカウントを新規作成する。
  • Googleアカウントでログインする。

HTML版、Webアプリ版、モバイル版、それぞれについて、説明します。

HTML版

まずは、Trello(トレロ)の公式HPへ行きます。

https://trello.com/ja/home

アカウントを新規作成する場合

メールアドレスを入力して「アカウントを作成」ボタンを押します。

HTML版アカウント作成画面1

 

入力したメールアドレスを元に、メールとアカウント欄が自動で入力されていますので、変更をする場合は変更し、パスワードを入力して「Sign up」ボタンを押します。

HTML版アカウント作成画面2

 

登録したメールアドレスにメールが送られてくるので、「Verify your email」ボタンをクリックすると、Trello(トレロ)の画面が開きます。

HTML版アカウント作成メール画面

Googleアカウントでログインする場合

ページ右上の「ログイン」ボタンを押します。

HTML版ログイン画面1

 

「Googleアカウントで続ける」ボタンを押すと、Trello(トレロ)の画面が開きます。

HTML版ログイン画面2

Webアプリ版

ダウンロードしたTrello(トレロ)を開くと、最初に以下のような画面が表示されます。

「Continue」ボタンを押します。

Webアプリ版スタート画面1

 

次の画面で、「Sign Up」ボタンを押すと、アカウント作成画面が開きます。

Webアプリ版ログイン画面1

 

後はHTML版と同じです。

新規登録するか、Googleアカウントでサインインしてください。

Webアプリ版ログイン画面

モバイル版

ダウンロードしたアプリを起動すると、以下のような画面が表示されます。

まずは「アカウントを作成」を押しましょう。

モバイル版スタート画面1

 

新規登録する場合は、「メールアドレスでアカウントを作成」を押します。

Googleアカウントで入る場合は「Googleでアカウントを作成」を押します。

自分のGoogleアカウントが表示されますので、それを押してログインします。

モバイル版スタート画面2

Trello(トレロ)のボードとは?リストやカードについても解説

Trello(トレロ)では、ボードにフセンを貼るような感覚で、タスクを管理していくのが特徴です。

それは、「ボード」「リスト」「カード」という3つの要素から成り立っています。

Trello3つの要素

「ボード」はその名の通り、ボードです。

案件毎にボードを作成します。

そしてそのボードの中にリストを作成します。

「リスト」は、進捗のようなものです。

例えば「ToDo」「作業中」「完了」という3つのリストを作って、タスクをリスト間で移動させます。

リストの中には、さらにカードを作成できます。

「カード」とは、1つ1つのタスクの事です。

 

それでは、「ボード」「リスト」「カード」それぞれの作成方法について説明します。

ボード作成について

ボードの作成は、ボードリストから「新しいボードを作成」をクリックしてください。

ボード作成画面1

 

ボードのタイトルを入力して「ボードの作成」をクリックすれば完成です。

ボード作成画面2

ボードは複数作成できるので、案件ごとに作成するのがよいでしょう。

リスト作成について

ボードができたら、次はリストを作成します。

ボードにある「リストを追加」ボタンを押します。

リスト作成画面1

 

リストの名前を入力し、「リストを追加」ボタンを押すだけです。

リスト作成画面2

 

リストをもう1つ追加したい場合は、「もう1つのリストを追加」ボタンをクリックして、リスト名を入力すれば追加できます。

今回は「ToDo」「作業中」「完了」の3つを入力しました。

カード作成について

各リストに「カードを追加」ボタンがあるので、クリックします。

カード作成画面1

 

カードにタイトル(タスク)を入力して、「カードを追加」ボタンを押します。

カード作成画面2

 

できたカードをクリックすると、カードの詳細画面が開きます。

カード作成画面3

 

詳細画面では、「説明」「メンバー」「期限」など、様々な設定をすることができます。

アカウント登録後の設定【背景やボードを確認する】

背景

Trello(トレロ)では、ボードごとに背景を変更することができます。

背景が同じだと、パッと見て違いが判らず、ボードを間違えてしまう可能性もあります。

ボード毎に背景を変えることによって、一目見ただけですぐ、どのボードか分かるようになるのでおすすめです。

ボード作成時に背景を選択できますが、後から変更することも可能です。

ボード作成時に背景を設定する方法

以下はボードを作成しているときの画面です。

赤枠で囲われた部分の好きな背景画像をクリックすると、その背景に設定されます。

また、黄色枠で囲われた「…」をクリックすると、その他の写真も選べるようになります。

ボードの背景変更画面1

 

以下は、「…」をクリックしたときの画面です。

「さらに表示」を押すと、もっと多くの写真の中から選ぶことができます。

また、背景は写真だけではなく、色で設定することもできます。

背景変更画面2

後からボードの背景を変更する方法

背景を変更したいボードを開いて、「ボードメニューを表示」をクリックします。

背景変更画面3

 

ボードメニューの中にある「背景を変更」をクリックします。

背景変更画面4

 

「写真」か「色」を選択します。

背景変更画面5

 

今回は写真を選択しました。

すると、背景写真の一覧が表示されるので、好きな画像を選んでクリックします。

背景変更画面6

 

背景が、選んだ画像に変更されました。

背景変更画面7

ボード

左上のホームボタンを押し、「ボード」を開くと、登録済みのボードが一覧で表示されます。

ボードの一覧画面

自分がみたいボードをクリックすれば、そのボードを開くことができるので、タスクを確認しましょう。

セキュリティを守りたいなら非公開

ボードを作成するときに、「非公開」設定にしておけば、そのボードに登録したメンバーのみが閲覧できるようになります。

ボード作成時に「非公開」をクリックし、「非公開」か「公開」を選べば完了です。

デフォルトでは「非公開」になっていますので、非公開のままで問題なければ、特に触る必要はありません。

非公開設定画面

 

また、ボードを作成してからでも「公開」「非公開」の変更は可能です。

ボード画面を開くと、画面上部に「非公開」のボタンがあるので、クリックすると公開範囲の変更ができます。

ボード画面

まとめ

今回は、Trello(トレロ)の登録方法や初期設定について説明しました。

Trello(トレロ)は、基本的な機能がほとんど無料で使え、操作方法もとても分かりやすいです。

導入にも時間がかからないので、初めての方でもすぐに使えるようになります。

シンプルなプライベートのタスク管理から、仕事のプロジェクト管理まで、マルチに対応できる優れたタスク管理ツールです。

これからタスク管理ツールの導入をお考えの方は、ぜひ一度お試しください。