チームの新感覚グループウェア!team:on(チームオン)とは?概要や使い方を紹介!

teamonタスク管理ツール

チームで仕事をする際に、スケジュールやタスク管理と、ファイル管理、チャットによるコミュニケーションをそれぞれ別のツールで行ってはいませんか?

複数のツールを使い分けて管理すると、どこかで情報共有の抜けが起きたり、ツールの切り替えがわずらわしく本来の業務に差し支えることもあります。

そんな悩みを解決するのがteam:on(チームオン)というタスク管理ツールで、チームの業務にまつわるさまざまな管理を一元化してくれます。

この記事ではそんなタスク管理ツールteam:on(チームオン)についてご紹介していきます。

この記事でわかることは以下の通りです。

・team:on(チームオン)の特徴や使い方
・team:on(チームオン)の料金
・team:on(チームオン)の始め方・退会方法
・team:on(チームオン)の評判・口コミ
チームで行う業務の管理方法にお悩みの方はぜひご一読ください。

team:on(チームオン)とは?

teamonとは

team:on(チームオン)は株式会社フレクションコンサルティングが提供している、チームのためのタスク管理ツールです。

業務に必要なスケジュールやタスクの管理、情報共有、グループチャット、ビデオチャットなどがteam:on(チームオン)ひとつで実現できます。

team:on(チームオン)は世界12か国以上の言語で利用でき、モバイルアプリもi OSとAndroidどちらにも対応しているマルチデバイス対応ツールです。

株式会社フレクションコンサルティングは2015年のリリース以来、アップデートを繰り返し現在も機能の改善などに努められています。

チームの業務効率を向上させたい、というお悩みをお持ちの方におすすめのタスク管理ツールです。

対応しているデバイス

対応しているデバイス

team:on(チームオン)が対応している利用環境は以下の通りです。

<PC>
・Google Chrome 最新版
・Mozilla Firefox 最新版
・Internet Explorer 11以上 (※デスクトップ通知は非対応)
・Safari 10以上<モバイル・タブレット・ウェアラブル端末>
・iOS 9.0以上のiPhone、iPad、およびiPod touch
・Android4.1以上
・Wear OS by Google
多くの人が利用するほとんどのデバイスで利用可能です。

team:on(チームオン)の料金

teamon_料金

team:on(チームオン)は利用人数により3つのプランが用意されています。

どの有料プランもすべての機能を使うことができ、各プランの違う点は利用人数のみとなっています。

30日間無料でお試しが可能ですが、無料体験では作成できるスケジュールやタスク数、ビデオチャットの回数などが少し制限されています

機能は同じなので、十分試してから有料プランに移行できるので、安心です。

無料で使える範囲

teamon_無料で使える範囲

30日間の無料体験で使える機能は以下の通りです。無料期間終了後は、必ずどれかの有料プランにアップグレードしないと利用継続ができません。

・メンバー招待無制限
・個人メッセージチャット無制限
・スケジュール作成30件
・タスク作成10件
・グループチャット5件
・プロジェクト作成5件
・VideoChat1日5件
・TeamOn Phone1日5件
・ストレージ500MB利用可能
作成数に制限があるだけで、機能は有料プランと同じものを試すことができます。

team:on(チームオン)の使い方

teamonの使い方

team:on(チームオン)は直感的でわかりやすい操作、不必要な機能がないシンプルなツールです。

このツールの機能は以下の通りです。

・スケジュール登録、管理
・社員スケジュール招待と共有
・スケジューごとのチャット
・Googleカレンダーと同期
・スケジュール出力(CSV/PDF)
・リマインダー通知
・会議室や設備予約機能
・タスク登録、管理
・社員タスク招待、管理
・タスクごとのチャット
・タスク出力(CSV/PDF)
・グループチャットへのリンク機能
・1対1、グループチャット
・ファイル共有
・1対1ビデオチャット
・1対1音声チャット
・Slack連携
・既読機能
・プロフィール管理
・Eメール通知機能
・デスクトップ通知機能
・オンライン、オフライン表示機能
いろいろな機能を備えているteam:on(チームオン)ですが、活用方法をいくつかご紹介していきます。

team:on(チームオン)の使い方1:複数のカレンダーを登録

teamon使い方_複数カレンダーの登録

team:on(チームオン)はカレンダー表示機能があります。

スケジュール管理以外にも、会議室や社用車、設備の予約などもカレンダーで共有、管理することができます

会議室や設備の予約状況を共有しておけば、ダブルブッキングを防ぎスムーズに業務を遂行できます。

また、管理者がカレンダーごとに共有メンバーを指定できるので、各メンバーに必要な情報のみを表示させることができるので、支店や部署ごとに異なるカレンダーで管理できます。

カレンダーは16色から選択できるので視覚的にも把握しやすく、業務効率のアップを助けます。

team:on(チームオン)の使い方2:Googleカレンダーと同期する

teamon使い方_Googleカレンダー同期

team:on(チームオン)は多くの人が利用しているGoogleカレンダーと同期させて使うことができます。

歯車のアイコンをクリックして設定画面を開き、プロフィール画面から「連携する」をクリックします。

その後は指示に従って、Googleの認証を行います。

teamon使い方_Googleカレンダー同期2

Googleカレンダーからスケジュールをインポートしたい場合はチェックボックスにチェックを入れてから送信をクリックします。最後に保存をクリックすれば同期は完了です。

team:on(チームオン)でスケジュールを登録するときに「Googleカレンダー同期」にチェックをいれて保存すると、Googleカレンダー側でもスケジュールが反映されます。

team:on(チームオン)の使い方3:ハッシュタグでメッセージ内を高速検索

teamon使い方_ハッシュタグ

team:on(チームオン)の全メッセージの中から、必要な情報を高速で検索するために、ハッシュタグ機能を使いましょう。

チームに有用な情報や、特定の話題について話すとき、目印になるものがハッシュタグです。

使い方は簡単で、キーワードの直前に「#」を入力するだけです。キーワードの直後は空白を入れるか改行することで、ハッシュタグ機能が働きます。

メッセージの検索画面から検索オプションをクリックすると、より詳細な条件でメッセージを検索することができます。

検索したいキーワードを入力後、表示されたハッシュタグをクリックすると素早く関連情報にアクセスできます

team:on(チームオン)の使い方4:インフォボードの利用

teamon使い方_掲示板

team:on(チームオン)にはインフォボード(掲示板)機能があります。

さまざまな用途で利用できる掲示板です。テキストだけでなく、ファイルの添付も可能になっています。

設定は、管理者のみが行えます。設定時にカテゴリを登録し、発信ユーザーを指定することもできます。

インフォボードには既読、未読機能、いいね機能が搭載されています。重要なお知らせは未読のメンバーにコンタクトを取ったり、いいねでチーム内コミュニケーションの活性化を促せます

team:on(チームオン)の使い方5:ビデオチャットの利用

teamon使い方_ビデオチャット

team:on(チームオン)では1対1のビデオチャット機能があります。

ビデオチャットのためのプラグインやソフトをインストールする必要は一切ありません

ビデオチャットの最中でも、ファイルやURLのシェアがスムーズに行えるようにデザインされています。生産性の高いビデオミーティングが実現します。

team:on(チームオン)の始め方

teamon_始め方

team:on(チームオン)の始め方について解説していきます。

ダウンロード

teamon_ダウンロード

モバイルで利用する場合はアプリのダウンロード、インストールが必要です。

team:onをAppStoreデダウンロード

team:onをGooglePlayでダウンロード

ログイン方法

teamon_log in方法

team:on(チームオン)を初めて利用する場合はアカウントの作成が必要です。

画像のようにメールアドレスを利用するか、またはGoogleアカウントをお持ちならさらに簡単に登録できます

アカウント作成後は、メールアドレスとパスワードを入力するか、Googleでログインを選択し、ログインしましょう。

ログインできない場合は?

ログインできない場合

team:on(チームオン)にログインできない場合は、入力したメールアドレスとパスワードが正しいか、再度確認してください。

パスワードを忘れてしまった場合は登録時のメールアドレスがあれば、パスワードをリセットし、再発行する手続きを受けることができます。

team:on(チームオン)の退会方法

teamon_退会

team:on(チームオン)を退会するには、メールでの連絡が必要です。

トップページ最下部の特定商取引法のリンクをクリックすると、問い合わせ先のメールアドレスを参照することができます。

有料プランの退会は30日前までにcs@teamoncloud.comに連絡しましょう。

team:on(チームオン)の評判・口コミ

評判

team:on(チームオン)の評判について見ていきましょう。実際導入している企業の評価を参照しています。

良い評判

まずは良い評判からご紹介していきます。

複数の事業を展開していると、営業活動や顧客などの情報が散在してどこに何があるのかわからなくなることがあったが、team:on(チームオン)を利用してからは全社員が情報を共有して把握できるようになった。
情報を社内で共有することで、業務がスムーズになるという評価が多いです。
利用者の男性1ひとつのツールで業務に必要なことが全部管理できるのでシンプルに「楽」なところが良い。
今までいくつかのツールを使い分けていたので、各ツールの通知やメールが来てそれだけで仕事の妨げになっていたが、管理ツールが一元化されて業務効率も上がった。
いろいろなツールを使い分ける必要がなくなったことを喜ぶ評価も多く見られます。

悪い評判

続いては悪い評判についてもご紹介します。

iPhoneアプリの動作がいまいちでカレンダーの編集がアプリから行えない。結局PC版を開いて更新している。
アプリをアップデートしたところフリーズすることが多くなった。
悪い評価はアプリの動作が不安定だという指摘が多い印象です。今後のアップデートに期待しましょう。

team:on(チームオン)のまとめ

ひとつのツールで業務のあらゆることを管理することができるツール、team:on(チームオン)についてご紹介しました。

複数のツールの使い分けに疲れたという人、社内のコミュニケーションツールをお探しの人は、お試しプランで機能の確認をしてみてはいかがでしょうか。

team:on(チームオン)を、ぜひ業務効率のアップに活用してみましょう。