【カンバン方式】チームで使えるタスク管理ツール5選!業務を共有して効率を上げよう

【カンバン方式】チームで使えるタスク管理ツール5選!業務を共有して効率を上げようタスク管理ツール

チームで使うタスク管理ツールについて紹介していきます。

チームで使うタスク管理ツールで重要なことは、誰が何をいつまでにやるのかを把握すること。

その為、最もタスクの状況を見える化しやすいカンバン方式を導入しているタスク管理ツールを厳選。

この記事を読むことでチームで利用する際にどのタスク管理ツールを使うのが良いのかを理解することができます。

カンバン方式とは?

カンバン方式とは

カンバン方式というのは、元々はトヨタ自動車が開発し実施している生産管理方法のことです。

部品名や品番、必要な工程と必要数などが書かれたボードがカンバンです。カンバンをチーム全体で把握し、必要な物を必要な時に供給することで、無駄のない生産を行います。

カンバン方式はトヨタ自動車の生産現場だけでなく、あらゆるプロジェクト管理に活かすことができます

プロジェクトをカンバン方式で管理するときは、まずはボードに付箋を貼るように必要なタスクを並べます。

新規のタスクは未着手リストに追加し、タスクが完了したら完了済みリストに移動します。このように、すべての動き・進捗をチーム全体で把握できるのがカンバン方式です。

カンバン方式のタスク管理ツールがチームで使うのに適している理由

チーム

カンバン方式のタスク管理ツールは、チームでの利用に適しています。

チームのタスク管理は、全員が各タスクの期限や進捗状況を把握していることが重要。

カンバン方式では全員が同じボードを見ているので、各タスクを誰が担当しているかを確認でき、作業中なのか、完了しているのかが視覚的にわかります

各メンバーが、プロジェクト全体でどの作業をしているのかを理解すると、仕事がスムーズに進みます。

チームでタスク管理をする上で大切な4つのこと

チームでのタスク管理

チームでタスクを管理するために大切なことは4つあります。

以下の4つを明確にすることで、業務改善に大いに役立てて行くことが可能です。

チーム管理の基準①誰が

メンバーの把握

・参加メンバーを確認できる

プロジェクトに参加しているメンバーがはっきりとわかることが大切です。

タスク管理ツールをつかえば、参加メンバー一覧を確認できます。

チーム管理の基準②何を

作業の把握

・他のメンバーのタスクを確認できる
・Wikiが利用できる
他のメンバーが担当しているタスクを、誰もが確認できる状態であることも大切です。
また、ツールによってはWiki機能が利用できるものもあります。Wiki機能を利用すると、業務に関する覚書や、マニュアル等を記録しておくことができます。
チームで共有できる情報が多いほど、スムーズなプロジェクト進行に繋がります

チーム管理の基準③いつまでに

期日の把握

・期限設定ができる
・リマインド機能
・カレンダー表示

各タスクの期日がわかりやすいことも大切です。

ツールにより機能や表示方法は異なりますが、ここで紹介しているすべてのツールで期日設定が可能です。

担当者に個別に通知してくれるリマインド機能や、カレンダー表示で視覚的に期日を確認できる機能もあると大変便利です。

ツールを選ぶ際の参考にしてみてください。

チーム管理の基準④その他

その他のポイント

・スマホ対応(アプリ)
・日本語でも使える
・料金

移動中にプロジェクトに変更点があったり、進捗変化があるかもしれません。重要な連絡事項がある場合もあります。

リアルタイムで情報を共有できることは重要ですから、スマホアプリが提供されているかという点も、ツールを選ぶ際のポイントになります。

また、日本語に対応しているツールは使い方も理解しやすく、プロジェクトの着手もスムーズになります。トラブルが起きた際のサポートも、日本語に対応していれば安心です。

最後に料金です。

チームのプロジェクト管理の際は有料プランでの利用が一般的です。機能と料金のバランスを考慮してツールを選びましょう

以上の基準を元にチームで使えるタスク管理ツールを選んでいますので、参考にしてみてください。

チームで使えるタスク管理ツール5選

チームで使えるタスク管理ツール

ここから、チームで使えるタスク管理ツールの中で、5つのおすすめツールを紹介していきます。

チーム管理でタスク管理をする基準として以下の項目を設けました。タスク管理ツールを選ぶ際の参考になればと思います。

<チームであると便利な機能>

参加メンバーが見れるか:
他のメンバーのタスクが見れる:
Wiki:
期限設定ができる:
リマインド機能:
カレンダー表示:
スマホ対応(アプリ):
日本語でも使える:

Jooto(ジョートー)

Jooto(ジョートー)

Jooto(ジョートー)はクラウド型のタスク管理ツールで、日本語でのサポートも充実しており、10000以上の企業で利用されています。

基本的な操作はドラッグ&ドロップだけという、シンプルな使い方なのも導入しやすいポイントです。

カンバンとガントチャートによる表示で、プロジェクトの全体像と進捗が把握しやすくスムーズな業務進行が可能になります。

Jooto(ジョートー)の機能

jootoの機能

使える機能は以下の通りです。

・カンバンによるタスク管理
・チェックリストやカテゴリー設定の使用
・コメント機能
・ガントチャート
・ユーザー管理
・ユーザーごとの権限付与
・外部のプロジェクトメンバーの招待
・動画や画像のファイル添付機能
・外部サービスとの連携
Jooto(ジョートー)はシンプルなデザインで直感的に使えるツールで、なおかつ必要十分な機能が揃っています。
中でもガントチャート機能が無料プランでも利用できる点がJooto(ジョートー)のポイント。
jootoのガントチャート
チームメンバーが揃ったらタスクを振り分けて、ガントチャートで進捗を表示してみましょう。プロジェクト全体が見える化され、業務がはかどるでしょう。

Jooto(ジョートー)の料金

フリープランスタンダードプラン
1ユーザーの料金無料500円(税抜)/月
ユーザー数4人まで5人~

Jooto(ジョートー)はプランによる機能の違いはなく、無料プランでもすべての機能が利用可能です。

保存できるデータ容量などに違いがあります。

チームで必要な機能

  • 参加メンバーが見れるか:◯
  • 他のメンバーのタスクが見れる:◯
  • Wiki:×
  • 期限設定ができる:◯
  • リマインド機能:◯
  • カレンダー表示:◯
  • スマホ対応(アプリ):◯
  • 日本語でも使える:◯

Jooto(ジョートー)公式サイト

Wrike(ライク)

Wrike(ライク)

Wrike(ライク)は、リアルタイムで仕事の進捗を可視化してくれる管理ツールです。ユーザーは1万8000人以上、多くの有名な企業も利用しています。

チームのタスク管理に特化した充実した機能が特徴です。

作業を確認するダッシュボードは、チームのニーズに合わせて自由なカスタマイズが可能です。

必要に応じてツールをカスタマイズすれば、プロジェクトはよりスムーズに進行します。

Wrike(ライク)の機能

Wrike(ライク)の機能は以下の通りです。

・任意のフォルダ構造でのタスク管理
・ファイルのバージョン管理
・ガントチャート
・リソース管理
・テンプレートの作成と保存
・ダッシュボードのカスタマイズ
・ユーザー管理
・ユーザーごとの権限付与
・コミュニケーション機能
・モバイルとの同期
・メールやカレンダーとの同期
・外部アプリとの連携

Wrike(ライク)の機能はとても充実しています。

カスタマイズ性も高く、使いこなすことができればとても強力に業務をサポートしてくれる管理ツールです。

wrikeカスタマイズ

このように、チームのニーズに合わせて細かいカスタムが可能です。

連携できる外部ツールの数が多いことも特徴で、お使いのツールと連携することでWrike(ライク)をもっと活用できます。

Wrike(ライク)の料金

 

無料ProfessionalBusinessMarketingEnterprise
1ユーザーの料金無料9.80ドル/月24.80ドル/月要問合せ要問合せ
ユーザー数5人まで5.10.15人5~200人まで5人~上限なし5人~上限なし

Wrike(ライク)はプランによる機能の違いがあります。チームのプロジェクト管理に便利なガントチャートはProfessionalプランから利用できる機能なので注意が必要です。

主な機能を取り上げましたが、他にも細かい機能がたくさんあります。

プランごとの機能の違いについてはこちらを確認してください。

チームで必要な機能

  • 参加メンバーが見れるか:◯
  • 他のメンバーのタスクが見れる:◯
  • Wiki:◯
  • 期限設定ができる:◯
  • リマインド機能:◯
  • カレンダー表示:◯
  • スマホ対応(アプリ):◯
  • 日本語でも使える:◯

Wrike(ライク)公式サイト

Trello(トレロ)

Trello(トレロ)

Trello(トレロ)はシンプルな見た目のカンバン方式で、デザインのカスタマイズも可能なタスク管理ツールです。

基本的な機能はほとんど無料で使えることや、直感的に扱える手軽さから、世界中で多くの人に利用されています。

元々の機能はとてもシンプルで、ユーザーが任意で拡張機能を追加してカスタマイズできる点もTrello(トレロ)の特徴です。

Trello(トレロ)の機能

Trello(トレロ)の機能は以下の通りです。

・カンバンによるタスク管理
・メンバー招待と情報共有
・コメント機能
・お知らせの通知
・拡張機能によるカスタマイズ
・タスクのラベル管理
・高度な検索機能
・専用のメールアドレスにメールを送信してタスク追加
・モバイルアプリ
・外部ツールとの連携
Trello(トレロ)は無料プランでも基本的なタスク管理機能が全て使えます。
カンバン方式による管理で、すべての情報が一目で確認できるツールです。
トレロの使い方
それぞれのタスクには画像の添付や、詳細の記載ができます。
全体像の把握も、詳細の確認も一目で可能なデザインになっていて、誰にでも直感的に使いやすいツールです。

Trello(トレロ)の料金

無料BusinessClassEnterprise
1ユーザーの料金無料9.99ドル/月20人のチームで20.82ドル/月(人数により異なる)

Trello(トレロ)は有料プランにすると、管理者機能やセキュリティ機能が強化されます。

チームで必要な機能

  • 参加メンバーが見れるか:〇
  • 他のメンバーのタスクが見れる:〇
  • Wiki:×
  • 期限設定ができる:〇
  • リマインド機能:〇
  • カレンダー表示:〇
  • スマホ対応(アプリ):〇
  • 日本語でも使える:〇

Trello(トレロ)はPower-Upsという拡張機能を追加することができます。

例えば、あると便利なカレンダー表示も、Trello(トレロ)では拡張機能として追加すれば利用可能です。

Trello(トレロ)公式サイト

Taskworld

Taskworld

Taskworld(タスクワールド)は、使いやすさと機能性の二つを兼ね備えた、世界中で利用されているタスク管理ツールです。

わかりやすく洗練されたインターフェースと、直感的に操作できるシンプルさが人気です。

わかりやすいのに機能性も高く、なかでも複数のプロジェクトを一か所にガントチャートとして表示できる機能はTaskworld(タスクワールド)の特徴です。

いくつものプロジェクトをかかえる管理者の負担を軽減してくれます。

Taskworld(タスクワールド)の機能

Taskworld(タスクワールド)の機能は以下の通りです。

・カンバンによるタスク管理
・タイム計測、ログ機能
・ファイル管理
・チームのコミュニケーション機能
・アナリティクス機能
・プロジェクトをまたいだガントチャート
複数のプロジェクトを同時進行することも、ビジネスの現場では少なくありません。
そんなときに管理をスムーズにしてくれるのがガントチャートを表示する機能です。
タスクワールドのガントチャート機能
特に、Taskworld(タスクワールド)は、複数のプロジェクトのガントチャートを一か所で確認できる点が非常に便利です。

Taskworld(タスクワールド)の料金

プロフェッショナルエンタープライズ
1ユーザーの料金10.99ドル/月要問合せ

どちらのプランもユーザー数の制限はありません。

また、両プランともに、15日間の無料トライアルが可能です。

チームで必要な機能

  • 参加メンバーが見れるか:〇
  • 他のメンバーのタスクが見れる:〇
  • Wiki:〇
  • 期限設定ができる:〇
  • リマインド機能:〇
  • カレンダー表示:〇
  • スマホ対応(アプリ):〇
  • 日本語でも使える:〇

Taskworld(タスクワールド)公式サイト

Asana(アサナ)

asana

Asana(アサナ)は複数の仕事を見える化して管理するソフトウェアです。

世界195か国で利用されている人気のタスク管理ツールで、Googleや楽天などの企業もAsana(アサナ)を導入しています。

カンバン方式のタスク管理で、シンプルに進捗を把握できます。

また、ワークロードという機能ではメンバーの仕事量を把握できるので、適切な仕事の割り当てが可能です。

シンプルな管理から、高機能なツールまで揃っているところが人気のポイント。

Asana(アサナ)の機能

Asana(アサナ)の機能は以下の通りです。

・カンバンによるタスク管理
・タイムラインによる管理
・100以上の外部ツールとの連携
・カレンダー表示
・ポートフォリオ機能でリアルタイムで進捗確認
・ワークロードで仕事量の把握
・テンプレートが豊富
タイムライン機能では、プロジェクトの初めから終わりまでの全体像が把握できます。
Asanaタイムライン
Asana(アサナ)には、自分がどの作業をしているのか明確にするために役立つ機能が備わっています。

Asana(アサナ)の料金

BasicPremiumBusinessEnterprise
1ユーザーの料金0円9.99ドル/月19.99ドル/月要問合せ
人数15人まで試用期間は100人まで無制限要問合せ

Asana(アサナ)は15人までなら無料プランで利用が可能です。

Premiumプランの試用期間終了後、少人数での利用する場合は少人数チーム割引が適用されます。

チームで必要な機能

  • 参加メンバーが見れるか:〇
  • 他のメンバーのタスクが見れる:〇
  • Wiki:×
  • 期限設定ができる:〇
  • リマインド機能:〇
  • カレンダー表示:〇
  • スマホ対応(アプリ):〇
  • 日本語でも使える:〇

Asana(アサナ)公式サイト

チームで使うタスク管理ツールの比較表

アイコンjooto-iconwrike-icontrello-iconasana-icon
アプリ名JootoWrikeTrelloTaskworldAsana
料金0~500円/月0~24.80ドル/月0~20.82ドル/月10.99ドル~/月0~19.99ドル/月
特徴・無料で全機能利用可能
・ガントチャートも無料
・多機能
・自由なカスタマイズ
・操作や機能がシンプル
・拡張機能でカスタマイズ可能
・高度なタスク管理
・複数プロジェクトをまたいだガントチャート
・多機能
・豊富なビジネステンプレート

チームで使えるタスク管理ツールのまとめ

チームに最適なタスク管理ツールの選び方や、おすすめのツール5選をご紹介しました。

どのツールが合っているのかは、プロジェクトやチームの規模、求める機能により変わってきます。

あなたの組織(チーム)に合ったタスク管理ツールを選んで、より良いプロジェクト進行に役立ててくださいね。