個人向けTo-Do・タスク管理ツール5選

個人で使えるタスク管理ツールおすすめ5選タスク管理ツール
個人で利用するタスク管理ツールを探している方に向けてツールを紹介していきます。 生活の中で溜まっていく業務・タスクをもっとシンプルに一括で管理できたら……。と思うことはありませんか? 今回の記事では、業務を効率化したい、あなたに合ったタスク管理ツールを見つけることができます。 あなたに合ったツールを見つけてもらうために個人で利用で人気のツール5つを徹底比較。特徴を押さえて日々の業務改善に役立てていただければと思います。

個人向けタスク管理ツールの比較表

アイコンRemember-The-Milk-iconThings3-iconGoogle-keep-icontodoist-icontrello-icon
アプリ名Remember The MilkThings3Google KeepTodoistTrello
料金相場無料プラン:0円Pro:39.99ドル/年Mac:6,000円 iPhone:1,200円無料無料プラン:0円 プレミアム:4,056円/年 ビジネス:6,696円/年無料プラン:0円 Gold:45ドル/年 Business:119.88ドル/年 Enterprise:20.82ドル~/月
特徴シンプルな見た目 動作が軽い タスクの属性登録が可能 オフラインで使用可美しいデザイン カテゴライズ機能が充実 Siriとの連携 自由度の高いタスク管理限りなくシンプルな機能 付箋を貼るような手軽さ データ容量と同期台数が無制限充実した管理機能 グラフで進捗確認が可能 タスクの追加やラベリングがスマートに行えるかんばん方式で管理 拡張機能でカスタマイズ可能 画像の添付が可能
 

個人向けタスク管理ツール5選

集団で使うだけでなく、個人で業務を管理するときにも大いに役立つタスク管理ツールを厳選。 どのツールも直感的に利用できる仕様になっているので、操作に戸惑うことはないかと思います。 日頃の業務改善に役に立てば幸いです。

Remember the milk(リメンバーザミルク)

Remember the milk(リメンバーザミルク)はTo-Do管理に特化したシンプルなツールです。余計な機能がついていないので、操作方法に迷うことなくタスクを管理することができます。

Remember the milk(リメンバーザミルク)の機能

・タスクにタグ付けして管理する ・キーボードショートカットの使用 ・Smart Add機能でタスクに属性を登録 ・Smartlist機能で複雑な検索条件を保存 ・サブタスクでのタスク管理 ・タスクを他の人と共有 ・タスクにファイルを添付

料金プラン

無料プランProプラン
料金無料39.99ドル/月

Remember the milk(リメンバーザミルク)にを使って欲しい人

Remember the milk(リメンバーザミルク)はこのような人に向いているツールです。
  • タスクをリストで確認したい人
  • シンプルな見た目と機能を好む人
  • ツールの軽さを重視する人
  Remember the milk(リメンバーザミルク)をもっと知るなら↓ 【無料】Remember the Milk(リメンバーザミルク)の使い方を公開!

Things3

things3 Things3はiOS・macOSで利用できるタスク管理ツールです。高いデザイン性と、直感的に操作できるわかりやすさで人気があります。

Things3の機能

・エリア(大カテゴリ)とプロジェクト(小カテゴリ)でタスク管理 ・プロジェクトにアプリやファイルをリンクさせる ・見出し・タグ付け機能で自分好みに管理 ・サイドバー機能 ・円グラフによる進捗確認 ・Siriとの連携 ・チェックリストの作成 ・完了タスクのアーカイブ

料金プラン

Mac版iPhoneアプリ版
料金6,000円(買い切り)1,200円(買い切り)

Things3を使って欲しい人

Things3はこのような人に向いているツールです。
  • Mac、iPhoneユーザー
  • 美しいデザインの管理ツールをお探しの方
  • 自由度の高いタスク管理を行いたい方
  Things3をもっと知るなら↓ タスク管理ツールThings3とは?評判や機能・おすすめの使い方まで紹介

Google Keep(グーグルキープ)

Google keep(グーグルキープ) Google Keep(グーグルキープ)は、Googleアカウントがあれば無料で使うことができるシンプルなメモツールです。 メモに、チェックリスト機能やリマインド機能を持たせることができるので、タスク管理ツールとして活用できます。

Google Keep(グーグルキープ)の機能

・保存できるデータ量が無制限 ・同期可能な台数が無制限 ・手描きメモ ・音声メモ ・メモの共有 ・色分けやラベル分けによる管理 ・チェックリスト機能 ・位置情報に基づくリマインダ機能 ・GoogleChromeとの連携

料金プラン

Googleアカウントがあればすべての機能を無料で利用できます。

Google Keep(グーグルキープ)を使って欲しい人

Google Keep(グーグルキープ)はこのような人に向いているツールです。
  • 無料のツールをお探しの方
  • 限りなくシンプルな機能のみで管理したい方
  • 複数のデバイスで同期させて管理したい方
  Google Keep(グーグルキープ)をもっと知るなら↓ Google Keep(グーグルキープ)とは?使い方やよくある不具合まで解説

Todoist(トゥドゥイスト)

Todoist(トゥドゥイスト) Todoist(トゥドゥイスト)は充実した機能と操作のしやすさで、世界中で利用されている人気のタスク管理ツールです。 チームのタスク管理で利用されることも多いTodoist(トゥドゥイスト)ですが、わかりやすいインターフェースで個人のTo-Do管理の際にも活躍するツールです。 個人のタスク管理であると便利な”リマインダー機能”は有料プランでのみ利用可能な機能になっています。

Todoist(トゥドゥイスト)の機能

・タスクの優先度やラベリング ・プロジェクトとサブタスクによる管理 ・グラフによる進捗確認 ・リマインダー機能 ・100以上のアプリと連携できる ・タスクの共有

Todoist(トゥドゥイスト)の料金プラン

無料プランプレミアムビジネス
料金0円4,056円/年6,696円/年

Todoist(トゥドゥイスト)を使って欲しい人

Todoist(トゥドゥイスト)はこのような人に向いているツールです。
  • 充実した機能で管理したい方
  • 連携させたいアプリがある方
  • 有料で手頃な管理ツールをお探しの方
Todoist(トゥドゥイスト)をもっと知るなら↓ Todoist(トゥドゥイスト)とは?機能と使い方のおすすめまで公開!

Trello(トレロ)

Trello(トレロ) Trello(トレロ)は、ボードに付箋を貼り付けるように、視覚的にタスクを確認することができる管理ツールです。 かんばん方式といい、タスクの量や進捗が一目でわかりやすいことが特徴です。

Trello(トレロ)の機能

・かんばん方式でのタスク管理 ・スマホアプリ版でウィジェットも利用可能 ・拡張機能によりツールカスタマイズが可能 ・背景やカラーのデザイン変更 ・タスクに画像などのファイルの添付が可能 ・自由なリスト(カテゴリ)分けが無制限

料金プラン

無料Business ClassEnterprise
料金無料119.88ドル/年20.82ドル/月(チーム人数により異なる)

Trello(トレロ)を使って欲しい人

Trello(トレロ)はこのような人に向いているツールです。
  • かんばん方式でタスク管理したい方
  • タスクに画像を添付して視覚的にわかりやすく管理したい方
  Trello(トレロ)をもっと知るなら↓ Trello(トレロ)の使い方!Slack連携やガントチャート、アプリの導入方法まで紹介

最後に:個人・チームのどちらのタスク管理にも使えるのが「チームハック(TeamHack)」

ここまで個人向けタスク管理ツールをご紹介しました。ここでは、個人・チームどちらでも使えるタスク管理ツール「チームハック」についてご紹介します。
チームハックは、もともとシステム開発をしている会社が「メンバー同士のコミュニケーションをより円滑にしたい」という思いから、独自に開発したツールです。タスク管理ツール初心者でも利用できる直感的なUIが特徴で、小規模チームであれば無料でも十分活用できます。是非チェックしてみてください。 参考:チームハック(TeamHack)公式ページ

ここが便利01「タスク別のチャットで、見逃しを防げる」

チームハックは、SlackやChatworkなどのビジネスチャットとは異なり「タスクごとにチャットができる」という機能が実装されています。 タスク別チャットの良さは、会話が流れていかないこと。例えば、「Aさん、今週の会議資料についてなんだけど、20日までに用意しておいてください」みたいな、前提をいちいち書かなくて良くなる上に、タスクごとに業務のやりとりを振り返ることができるので「指示の見逃し」のリスクを小さくすることができます。
タスクチャットのやりとりは、プロジェクトに参加している人全員が読める状態になっているので、個人間でのトラブルも未然に防ぐような作りになっています。

ここが便利02「タスクのブラックボックス化を回避できる」

チームハックでは、プロジェクトに参加している「チームメンバーが、いま何をしているのか」が一目でわかるようになっています。
例えば、手が空いているメンバー(タスクを持っていないメンバー)がいれば、すぐに気づいてタスクを作成することもできますし、作業のチェックフローもワンクリックで簡単に管理できます。

ここが便利03「タイムトラッキングでサボり対策・勤怠管理ができる」

例えば、リモートワークでは退勤管理が上手くできないことも課題となる場合が多いでしょう。そんな悩みにもチームハックなら安心。
タイムトラッキング(時間管理)機能を活用すれば、誰がどのくらい何の作業をしたのかをデータベースに蓄積することが可能。例えば、リモートワークにおける勤怠管理の代わりにも使えますし、サボっている人がいないかなどの状況把握にも活用できます。 タイムトラッキング機能は、オンオフの切り替えがワンクリックでできるので、あまりガチガチに管理したくない!というチームでもご利用できます。

その他にも、便利なポイントが多数!

上記に加えて、プロジェクトごとにタスクを管理できたり、共通の指示をまとめておくドキュメント機能を活用すれば、新しいメンバーが参加した際にいちいち資料を送付する手間も省けます。フィルタリング機能を活用することで、特定のメンバーのタスクのみを一覧にしたり、納期が近い順番にタスクを並べたり、使い勝手は自由自在です。

とにかく「チームの全体像を把握できる点」で優秀

使ってみるとわかるのですが、チームハックを活用する利点は「とにかく、チームの誰が何をしているのか、直感的にわかる」というところ!
是非この機会に、登録して試してみてください!リモートワークのみならず、新型コロナの騒動が解消した後でも、日々のチームの状況把握、業務連絡、タスク管理を楽にしてくれるはずです。 参考:チームハック公式ページ

TeamHackセットアップの流れ

興味が湧いた方に向けて、登録から活用までの流れをご紹介しておきます。

チームハックへの登録

まずは、チームハックのHPにアクセスしてアカウントを作成しましょう。メールアドレスを記入して「無料アカウント作成」を押すと、登録したメールに認証用のアドレスが届くのでそれをクリックし、指示される手順に沿ってパスワードなどを設定してください。

プロジェクトを作成

設定が完了し管理画面へアクセスしたら、まずはプロジェクトを作成します。詳しい方法はこちら。(プロジェクト作成のリンクを貼る)
無料アカウントでは、作成できるプロジェクトは1 人1つまでですが、下記リンクのようなやり方をすれば、無料アカウントでも最大で3プロジェクトに参加することができます。 参考:TeamHackのお得な使い方(お試しプランでプロジェクトを3つ作成)

メンバーを招待

プロジェクトの作成が終わったら、チームメンバーを招待しましょう。1人で使用感を確認するよりも、メンバーと一緒にさわってみるほうが、その使いやすさにリアリティを感じられるのでオススメです。
作成したプロジェクトの「・・・」ボタンから「メンバー追加」を押すことで、メンバー招待のメールを送ることができます。

タスクの追加

以上が終わったら、実際にタスクを追加してみましょう。タスクの追加は、画面中央上部の「+」ボタンから追加することができます。
作業担当のユーザーを設定したり、工数の時間を設定してタイムトラッキングをオンにしたり、管理用のタグなども自由に設定できます。ぜひご自分の業務に合わせて、お試しください。

個人向けタスク管理ツールのまとめ

個人で使えるタスク管理ツールを紹介してきました。あなたに合ったツールを見つけることはできましたか? どのツールも使いやすくて利用者も多いので、特徴を把握した上で導入してみましょう。 あなたの毎日の業務が改善されてシンプルな生活が送れることを願っています。